花柄ワンピースは、幾何学的なプリント柄が今年っぽい!

 

今年は花柄も幾何学的なパターンがトレンドのようです。フラワープリントもグラフィカルが基本と言われ、注目されてます。

 

フラワーモチーフであっても、大胆な色使いや複雑なパターンでジオメトリックしています。
デジタル画像を駆使した幾何学模様や、レトロカラーでノスタルジックな雰囲気が、主流になっているようです。

 

ミュウミュウ(Miu Miu)のプレフォーム、サクラソウを幾何学風にアレンジしたワンピースが今年っぽい花柄ワンピースの代表だと思われます。。

 

黒とマスタードのプリントミニワンピは、スタンドカラーとポケットのブルーが差し色でアクセントになり、意外性のあるカラーミックスが、60年代風でグラフィカルかつスポーティな印象です。

 

従来の花柄とは違う、フラワープリントも幾何学柄がこの秋からのトレンドですね。

 

花柄といえば、年に一度スベシャルに発表されるシャネルのメディエダール・コレクションでは、花の刺しゅうをあしらったアンサンブルやワンピースのセットがお目みえしてました。

 

ウールカシミアに、ニットとトリムと立体的に編んだ花と葉があしらわれ、ボヘミアンの流れから、フォークロアを彷彿とさせる雰囲気を演出しています。

 

清々しいブルーに、白の花が浮き立つ可憐なニットドレスも、立体的な花柄が今年らしいワンピースです。