秋のレディースワンピの新作から狙い目をピックアップ!

 

夏の名残りがある初秋には、どちらの季節にマッチするプレフォールのワンピースがいいですね。

 

初秋のピッタリの気になる新作旬ワンピをピックアップしました。

 

 

マックスマーラ(Max Mara)からは、秋色のレンガ色なのに、どこか清々しい清涼感を演出する、アシメントリーなワンピースが登場です。

 

マックスマーラ MaxMara 秋の新作ワンピース

ロールカラーのような襟元が、クラシカルでレトロな雰囲気です。トーキー映画の淑女のような奥ゆかしいムード満点のワンピースですね。

 

アシメントリーな後身頃の裾が、後ろ側の襟に繋がるバックデザインが特徴的です。

 

動くたびに揺れるシルクの光沢と、エアリーなディテール、秋を先取りする深みのあるオレンジのバランスがシンフォニーを奏でます。

 

足元はバックベルトのパンプスで引き締めて、季節感を先取りします。
秋が待ち遠しくなるワンピです。

 

 

フェンディ(Fendi)からは、60年代ムードの薫るレトロモダンなコットン素材のワンピースがお目みえしてます。

 

フェンディ Fendi コットン素材ワンピース

コンパクトなシルエットや、フロントのボックスプリーツが、懐しさと新鮮さを生み出しています。

 

キュートなパイナップルイエローが、夏の余韻を残しつつ、紅葉の秋へといざないます。
デザインは、フロントからの白の切り替えによって、ひときわ爽やかさが増しています。

 

ノスタルジックでレトロフーチャーなムードに、魅了されるワンピースです。

 

多色使いのグラフィカルな小物を合わせて、モードに着こなすのがおすすめです。

 

 

レッド ヴァレンティノ(Red Valentino)のスカラップのオーガンジーレースのワンピースは、思わず見とれてしまう気品に満ちています。

 

ウエストからスカートにかけて配したアイレット遣いが、絶妙な甘辛バランスを表現しています。
まさに大人仕様のワンピース。大人のために作られたスイートな1着ですね。

 

スタッズ付きのバッグや、カジュアルテイストのストラップサンダルと合わせて、ピリッと辛口スパイスを効かせて、着こなしてみたいアイテムです。

 

 

ガーリー系ブランドの秋の新作ワンピース

 

ガーリーで可愛い系ポピュラーブランドの秋の新作ワンピースもチェックしてみましょう。

 

スナイデル(snidel)からは、袖に透け素材を使ったニットワンピース

 

snidel  スナイデル フロッキースリーブニットワンピース

透ける素材は、春夏も注目でしたが、トレンドを上手く取り入れることで20代〜30代の女性に人気のブランド「スナイデル(snidel)」からは、ニットと透け素材を組み合わせたワンピースが登場してます。

 

ニットにシースルーを組み合わせた異素材コンビも増えて来てますよね。

 

袖に浮き上がっているのは、エレガントな雰囲気のボタニカル柄。

 

ボディの部分は、リブ編みで、ウエストから裾にかけて、メリハリが出るシルエットになっています。

 

 

2017年の秋冬コレクションで、評判の良かったハニーサロン(honey salon)のスクールガールワンピ

 

honey salon by foppish ハニーサロン スクールガールワンピース

ニューヨークの秋冬コレクションのトミー・ヒルフィガーをはじめ、レトロなスクールガールみたいなコーデは、今年のトレンドを代表するルックの1つでしたよね。

 

その流行りを受けて、ハニーサロン(honey salon)が、15周年記念の第2弾として出してきた、写真のような白い襟付きスクールガールワンピも好評でした。

 

衿と袖のカフスは、取り外しも可能なので、いろんなスタイルに着回しも効く1品です。

 

 

ボヘミアンファッションにピッタリのポンチョワンピース

 

ラクーン混ニットポンチョワンピース スナイデル

もう1点、スナイデルの秋冬新作ワンピースからです。

 

60年代〜70年代のビンテージスタイルや、ボヘミアンな装いが注目される今年の秋のレディースファッションですが、まさに、そんな着こなしのピッタリのラクーン混のニットワンピースです。

 

ふわふわと柔らかい素材で編まれている上、ドルマンスリーブやモモンガカーデ的に、ゆったりとしたシルエットになってるので、リラックスしたカジュアルスタイルにおすすめのワンピです。


 

レディライクなレース柄が可愛いMillion Carats(ミリオンカラッツ)のワンピース

 

Million Carats ミリオンカラッツ  レース×フラノワンピ

ミリオンカラッツからは、フラノ素材(フランネル素材)の上にレースを重ねたフェミニンなワンピースが登場しています。

 

レースの部分は、ペプラムデザインで、さらにベージュの配色ベルト付きの凝った作りになっています。

 

パッと見、上下別々のセットアップ風に見えますが、これ1枚着るだけでコーデが決まるコンビワンピになっています。


 

 

水彩画のような花柄が印象的なハイウエスト切り替えワンピ

 

snidel スナイデル グラデーションフラワーフィットアン

レディースファッションで、今シーズン流行りの柄の1つに、オピュレントデコと言うか、70年代に流行った装飾的なグラフィックがありますよね。

 

花柄も、このスナイデルのワンピースのように、鮮やかで装飾的になって来てるのが、今シーズンの特徴です。

 

ウエストの高い位置で、キュっとしめて、スカートはフレアに広がるシルエットは、2017年の秋冬もトレンド継続中です。

 

 

 

プチプラブランドの秋の新作ワンピース

 

プチプラ系のブランドの新作ワンピースは、まだ、本格的な販売が始まっていませんが「プレ オータム コレクション」として、一部、先行で、予約を受け付けているオンラインストアなどもあります。

 

ハイネックや首つまりデザインのトレンドを受けて、今年は、ハイネックデザインで、丈が長めのワンピースも登場。

 

さらに、デニム素材のトレンド継続中のなか、秋向けの七分袖のデニムワンピースも出ています。

 

また、10代〜20代の女子向けの秋ファッションでは、レトロ&クラシカルなスタイルが流行しているので、ワンピースでも、ノスタルジックな小花柄や、伝統的な英国風のチェック柄などを採用するブランドが増えています。

 

2017年の10代〜20代向けのレディース秋服トレンドについては、こちらのサイトにも、秋コーデに取り入れやすいトレンドが取り上げられています⇒秋服レディース!10代〜20代女子がチェックすべき秋トレンド5つ

 

注目の色は、赤ですが、真っ赤なワンピースは、なかなか敷居が高いので、同じ赤系でもチェック柄にしたり、ワイン色のニットを重ね着したりして、少し真っ赤度を落とすのがおすすめです。

 

可愛いコーデから大人っぽいコーデまで、ワンピースなら自由自在

私は昔からワンピースが大好きです。

 

一枚でキュートなスタイルの秋ファッションから大人っぽい秋コーデまで、それ1枚着るだけで、いろいろな雰囲気に仕上げることが出来るからです。

 

色柄や、丈の長さ、シルエットなど様々ありますので、季節に合わせたワンピースをワードローブに取り揃えています。

 

今年の秋は、肩とデコルテ部分の露出度が高く女性らしい雰囲気がアップするオフショルダーデザインのワンピースにチャレンジしてみたいと思っています。

 

そして、オフショルダーで露出度がアップする分、逆にマキシ丈のものを選んでバランスよく着こなしたいです。

 

また、スカートタイプのワンピースだけでなく、オールインワンと呼ばれているトップスとパンツがドッキングしたタイプのものも好んでよく着用しています。

 

ボトムのデザインが、ガウチョパンツだったりテーパードパンツだったり、様々なシルエットのデザインのオールインワンが売られているので、気分に合わせて購入しています。

 

オールインワンというとトイレで用を足すときに不便そうだったので、可愛いと思っていても購入することはしなかったのですが、トップスから脱いで足の部分まで簡単に下せるデザインのものでしたら、それほど不便ではないということを知って以来、オールインワンもよく着るようになりました。